驚愕の噂(ウワサ)と真実!ピースボートで海外に行くとおもったより驚くトラブルがあった!!悪評の実態!?

ピースボートステーション

ポスターでのイメージがあるピースボート。初期のピースボートメンバーに政治家(衆議院議員)の辻本清美がいるということでも有名です。最近では、世界一周を安く行く方法として認知度がぐっと上がってきています。ただ、ピースボートがNGOとしてどんな役割をもって活動しているのかはあまり知られていません。ピースボートのWEBサイトなどを見ても世界一周で見る観光名所は目につきますが、観光以外の部分としてどんな旅が繰り広げられているのかは想像がつきません。

私はピースボートで寄港地を回って驚愕したことがありました。ピースボートステーションサイトなどでははあまり語られない寄港地での噂や実態を赤裸々にまとめてみました。

ピースボートだと「途上国」に行ってしまう

ツアー

ピースボートの船の上では、寄港地に訪れる前に「寄港地説明会」というイベントを行っています。この「寄港地説明会」に出席することで訪れる国の観光地や注意点、食文化などの基礎的な情報をある程度得ることができます。「寄港地説明会」は全体に向けての説明になるので、自分が知りたい観光地は自分で調べることになります。そんな「寄港地説明会」で中米のある国を紹介していました。そこでオススメされたのはベネズエラ(ヴェネズエラ)とう国でした。会場全体は「ベネズエラ??どこ?」という?な状態。ベネズエラに期待しているひとはほぼいません。ベネズエラは経済の格差があってお金持ちと貧困の二極化が激しい国です。昔は犯罪率も多かったようですが少しずつ安定してきています。けれども、まだまだ経済混乱がおこっている状況です。一人旅では絶対に敬遠する状況のベネズエラではありますが、ピースボートとしてはなぜかオススメの国として紹介されました。最初はオススメの意味がわからず「?」な感じでしたが、後々わかってきました。

大歓迎のベネズエラ(ヴェネズエラ)

ベネズエラに着いた日の夜に大々的なフェスティバルが開催されました!!!ベネズエラの副大統領や訪れたバルバドス市の市長、他政府機関のお偉方。そこに暮らす人々。ベネズエラの嵐的なアーティスト。だいたい2000-3000名が集まって、ピースボートの乗船者たち数百名とごちゃごちゃの文化交流会が開催されました。この歓迎ぶりで老若男女衝撃を受けた人が多くいたのは事実です。

いきなり寄港地が変わることも!?

寄港地

台風やエボラ出血熱(コロナウイルス)、世界の情勢が悪くなった場合は寄港地を抜港(寄港地に行かない)したり、大きく航路を変更する場合があります。過去にはベルギーに寄るクルーズがありましたが、ベルギーでイスラム国によるテロがあったため、出発前に寄港地の変更措置がとられました。900人の安全が確保できる確証がない場合は、変更を余儀なくする対策をとるようです。台風の場合は直撃しないように迂回する場合もあります。80代、90代の人もいるので高波の中を航海することができないという理由からです。でもそんな中、寄港地が追加になる場合もあるみたいです。突然、近くの国からピースボートに連絡が来て寄港地が増えるケースもあります。具体的に追加になった国はサウジアラビアです。サウジアラビアは観光ビザでは入国できない国なので行けた人はラッキーな体験だったでしょう。他には仙台の石巻港が寄港地として追加になったこともありました。

寄港地での過ごし方が普通の旅行とは違う

自由行動

ピースボートで世界一周を考える人が気になるポイントの一つに、国での過ごし方があると思います。船旅の場合は、訪れる国のことを寄る港の地と書いて「寄港地」と呼んでいます。その「寄港地」では大きく三つの選択肢で行動することになります。

一つ目は自由行動

二つ目はオプションツアー

三つ目は寄港地を降りずに船で過ごす

です。

自由行動の口コミ

自由行動

ピースボートだけでなくクルーズで行く旅の場合は寄港地での滞在時間が短く設定されています。こんな短くては観光なんて、ほぼできないと思っていませんか。わたしもそう思っていました。事実その国の観光地を全部まわることはできませんし、国のことをすべて理解することもできません。けれども、滞在時間が短い理由が少しわかりました。

飛行機旅行と船旅の違い

飛行機で海外旅行したことあるという人は、思い出してみてください。飛行機が着陸してから出口ゲートまで行って、荷物と一緒にチェックをうけて対面審査を通って空港をでます。その空港から目的の観光地を目指す場合は、バスか電車に乗ってだいたい50分〜1時間ぐらいかかるという国が多いと思いませんか。なぜ観光地まで遠いのかというと、空港は人が多く住む観光地や都市部には作られにくいからです。空港は滑走路を設置するため何ヘクタールもの土地が必要です。また、離着陸の騒音があるので人が住んでいる土地ではなく郊外に作らなければなりません。そのため、おのずと空港と観光地が遠くなってしまいます。

船の場合は寄港地についてからしばらくすると船内放送で降りる許可がでます。船を降りてわかることは、観光地までの距離が意外に港から近いということでした。観光地が近い理由としては、昔から港は貿易の手段としての場所でした。港には人が多く出入りしますし、運ばれてきた物資などが集まってきます。そこでひとびとは港でお店を開いたりして商売を始めます。どんどん時間が経つにつれてお店が増えて発展していき「港町」として成り立つのです。人が集まってくると、便利にしようと働きかけていくので、バス、電車、タクシーなどの交通手段も発達して交通網が整っていきます。

つまり、船を降りて港町を歩いてみると「観光できるじゃん!」ということに気がつきます。場所によっては世界遺産まで徒歩10分圏内だったりします。世界遺産のシンボルマークで有名なギリシャのパルテノン神殿までは、港前のバスでもいけるし鉄道に乗って数駅で行くこともできます。個人レストラン、お土産屋さんもそろっているところが多かったです。全部の港が過ごしやすいわけではありませんが、半数以上の港は観光と街歩きがしやすくって驚きました。

交流ツアーの口コミ

ベトナムの大交流

私はあまり交流などに興味がありませんでしたが、ピースボートならではということでいくつかとりました。交流ツアーに関するピースボートの口コミがなかったのでここで紹介します。なお、交流ツアーは人を選ぶと思います。「交流したい!」という意思のひとと「体力」を持ったひとがオススメです。

「ベトナムの若者と大交流」というツアーをとったときの話です。
ベトナムの港に船が着岸しました。港をみると数百人のベトナムの若者たちが集まってくれていました。乗船許可がでたので降り立ちました。その瞬間ごちゃまぜの大交流がはじまりました。現地の若者たちの大半がベトナム語で会話します。少し英語と日本語を話せる人もいましたが、基本言葉は通じません。私の相手はベトナム語のみしかしゃべれませんでした。交流は一対一。言葉が通じないので「どうやって交流すればいいのかわからないよ~」とそんな雰囲気をだしまくりました。けれどもベトナムの若者はそんな私の心中を気にせず手を引き街を案内してくれました。

このお店がベトナムの若者にいま人気の場所(多分そう言っていた)というところを紹介してくれたり、バイクに乗って街が綺麗に見える場所につれていってくれたり、自分の家族の写真を見せてくれたり、一緒に歌ったり踊ったりもしました。1日という時間ではありましたが、別れのときには交流相手の子と抱き合いウルルンな体験をしたのをいまでも覚えています。感極まって涙ぐんでいるパートナーたちもいました。船が港から離れるときも、ずーっと見送ってくれました。気がついたときには、もーーーベトナムの若者に対して感情移入していて、その交流相手を通してベトナムのことが好きになっていました。しかし、楽しめなかったひともいました。楽しめなかった人に話を聞いてみると、「言葉がわからないから交流をあきらめた」という人や「テンションが高すぎて引いた」という理由でした。

ピースボートの交流も興味があるひとにアドバイスがあります。それは「第三者的にならず積極的に触れ合うこと」です。私も最初は、第三者的でどこか「楽しませてよ」と思っていました。けれども、相手が人間である以上、自分も能動的に動く必要があります。そうしていくことで、友だち同士の関係になっていくのだと思います。私は1日の滞在でも予想をはるかに超える体験ができたことに感動しました。交流を良いものにするため、自分の家族写真を持っていくことをオススメします。海外の人たちと出会うと必ずと言っていいほど家族の話になります。家族の話しは、親近感がでてくるのでとてもいいです。家族のことが嫌いでなければ、写真は持っていくのもいいでしょう。

交流コースはこんなトラブルもある

寄港地に着く前に船の中で交流ツアーの分科会が行われます。分科会ではどういう交流相手で人数が何人かなどの現地情報を、事前に教えてもらうことができます。分科会で子どもたち50人と出会うということになっていたのに、現地に行ったら10人だったということもありったそうです。人数が減った理由は「インフルエンザが子どもたちの中で流行って学級閉鎖的になった」と子どもたちの先生が説明してくれました。なので今回来ている集まった子どもたち10名は自分の意思で交流したい(遊びたい)と思って来たということもありました。

建物を見るツアーとは一味もふた味も違うので、臨機応変に対応できる心で挑むことが大切だし相手に期待しすぎない心構えで挑んでみてください。

 

寄港地を降りずに船で過ごす人もいる口コミ

船内

「世界一周をしているのに船の中にいるなんてもったいない」そんな声が聞こえてきますが、まったく船から降りない人もいます。私も降りない人がいることにすごく疑問でした。どうして世界一周をしたのでしょうか。降りない理由は、とてもシンプルなものでした。

船の生活が好き

寄港地を降りないとメリットがあるからという人がいました。寄港地についたら、大多数の人たちが観光にでかけます。そうすると船内にはまったく人がいなくなります。いつもは船内イベントなど使われている場所も静まりかえります。そんな場所で寝そべりながら読書や趣味に没頭することができます。つまりその大きな空間を独り占めすることがメリットだと感じている人がいたのです。他には、こんな人もいました。寄港地が続くと体力がない人は疲れたりします。そんな時は無理して降りずに船で休んで、自分の興味ある国を十分回れるように体力を調整するという人もいました。こんな贅沢な人もいます。「ヨーロッパは建物がほぼ一緒だから船から降りなくてもいい」という人です。

 

海外でのピースボートの評価は?

口コミ

ピースボートに乗ってみるとわかりますが、なぜか現地の国主催でフェスティバルが開かれたり、大使館関係者が乗船してくることがあります。海外からどんな人たちがピースボートと関わりがあるのか調べてみました。参考材料はピースボートステーションのクルーズレポートや資料で知らべました。

カストロ議長(キューバ)

中南米の国キューバに訪れた時に、なんの前触れもなく歴史の教科書に登場するカストロ議長がピースボートの人たちと出会ったことがあるようです。

オルテガ大統領(ニカラグア)

ニカラグアの人たちとピースボートがフェスティバルを共同で開催。そこの場所になぜ(?)か大統領が来てスピーチ。その後、気さくに交流していたようです。いきなりすぎてちょっと意味がわかりませんね(笑)

プロコピス・パヴロプロス大統領(ギリシャ)

広島/長崎のヒバクシャの証言プログラムとして乗船していた方々が、ギリシャの国議会にて100人以上に招待され演説をした記録もあります。

ワンガリマータイ(ノーベル平和賞受賞者)

環境保護活動家でアフリカ人女性として史上初のノーベル平和賞を受賞したゲストです。

ホセ・ムヒカ大統領(ウルグアイ)

『世界でもっとも貧しい大統領』で『世界一もっとも心の温かい大統領』として有名です。ピースボートの帰港にあわせてサプライズで船にきたようです。講演会も行った様子。

ホセ・ムヒカ大統領

 

他には

マハトマ・ガンジーの孫のエラ・ガンジーさん、ドニーシャ・ブレンダーガストさんは「レゲエミュージックの王様」とも賞されるボブ・マーリーの孫娘。音楽の教科書で必ずでてくる「パフ」を歌っているフォークグループ「ピーター・ポール&マリー(PP&M)」のピーター・ヤーロウさんなどが船のゲストで乗っていました。海外ではピースボートに対する評価は全体的に高いようです。

ピースボートに乗って有名になったひとたちはコチラ

まとめ

ピースボートステーション

悪評などの噂もあるピースボート。どんなことをしているのかピースボートの公式サイトをみても、あまり海外での活動や交流に対してどんなことをやってきたのかが書かれていないのが実情です。そのため、自分の体験を踏まえて書いてみました。もし、自分の行きたいところや見たい世界遺産が明確にある人はバックパックなどの一人旅がオススメだと思います。ピースボートの旅の場合は、自分が興味ない国にも行くことになってしまいます。そのため、自分の価値観とは違う場所に訪れることになります。また、世界遺産などないような「途上国」にも行くことになります。普通の旅行では行けないような国や場所に訪れたい人にはピースボートはオススメです。海外旅行が好きな人でも、中米の「ベネズエラ」やアフリカの「エリトリア」に行ったことがある人は少ないはずです。あまり聞いたことない国では、現地の人との出会いを楽しんでみてください。驚くような国はまだまだありますから。

交流

スポンサードリンク