ダイヤモンドプリンセスクルーズ見学会乗船記ブログ

ダイヤモンドプリンセス

ダイヤモンドプリンセスへ行ってわかった【4つ】のコト

ダイヤモンドプリンセス行ってわかったコト①
-ダイヤモンドプリンセスの船内を見るには、代理店からの申込みが必要-

ダイヤモンドプリンセスの見学会を実施しているのは、プリンセスクルーズではなく、取り扱いをしている旅行代理店でした。私が参加したのは、旅行代理店が企画するクルーズ見学会。このクルーズ見学会は受付人数が30名ほどでした。こちらからダイヤモンドプリンセス号の見学会に応募をして、個人情報を提出しました。

まず送られてきた資料はこちら。

プリンセスクルーズだけではなく取り扱っているクルーズ全ての資料を送ってきてくださいました。しっかりと営業。必要ですよね。

郵送されてきたクルーズ資料の中にダイヤモンドプリンセスの船内見学会へ参加するに当たっての申込書も同封されていました。数日以内にファックスもしくは郵便で送る必要があるようです。ここにはパスポートの詳細も書き込むことになっていました。どの船も見学するには個人情報をきっちり伝える必要があるということは理解しておきましょう。

数週間後、またもやたくさんの資料が到着(汗)

プリンセスクルーズの船内見学会の集合場所や集合時間の詳細に加え、当日は旅行会社の説明会に参加することが必須になっていました。その後にプリンセスクルーズが着岸している神戸港に移動をして船内を見学します。
船内はグループでのクルーズ見学になります。ガイド役がついて船を案内します。自由に船を見て回ることは出来ないのです。

健康状態を把握するための質問書まで入っており、船内見学会当日にパスポートと共にこちらも提出するとのこと。

ダイヤモンドプリンセスの見学会をブログで紹介

ダイヤモンドプリンセス行ってわかったコト②
-見学は自由見学不可/小グループ制-

さて、当日の集合は、神戸港のポートターミナル近くにある神戸商工貿易センタービルの会議室でした。ダイヤモンドプリンセスの見学会集合場所へ着いてみると、20名ほどの参加者が集まっていました。

ダイヤモンドプリンセスの説明会

まずは、旅行会社からの説明です。神戸や横浜からも出港しています。続いてプリンセスクルーズを営業担当している社員さんからスライドを使った説明が始まりました。

プリンセスクルーズは、世界三大クルーズ会社のひとつ。1965年より創業をはじめ、2013年から日本発着の企画を開始。現在18隻を所持し年間に170万人が参加、350もの港を巡ったそうです。カーニバルジャパンの説明によると、そもそも客船には3つのクラスが存在するらしいのです。

ダイヤモンドプリンセス行ってわかったコト③
-ダイヤモンドプリンセスの船ステータス-

・カジュアルクラス
・プレミアムクラス
・ラグジュアリークラス
分かりやすく例えると、松竹梅てな感じ。

カジュアルクラス 1泊1万円~

大半がこちらのタイプで実施しており、賑やかな若者世代やファミリー向け。若い世代~高齢世代までと広い世代が乗船しているのが特徴です。気軽に参加しやすいので初心者向けです。

プレミアムクラス 1泊2万~

金額によってサービスや特別空間などが使用場所が異なってきます。1ランク上の食事、エンターテインメント、サービスをしています。落ち着いている雰囲気が好きな方や高齢の夫婦向けです。基本二人での参加になります。

ラグジュアリークラス 1泊5万円~

最後のラグジュアリークラスは全体の15%しか行っていません。飛鳥2やパシフィックビーナスなど。

プレミアムクラスのダイヤモンドプリンセスでは、日本語可能なクルーは150名、内日本人スタッフは50名乗船しています。
日本発着を実施するようになってからは、船内のあらゆる表記を日本語を併記したことに加えて、日本人のシェフが3名乗船し、ご飯はタイ米から日本米に変えたそうです。2014年には大改造をして、飛鳥2の3倍にあたるという有料大浴場が造られたそうです。

後の説明は、船旅はなぜ選ばれるか、荷物を移動するわずらわしさや移動の自己手配をする手間もなく、体に負担がないので非常に楽とのこと。船に乗っていれば移動を楽しみながら次の国へと連れていってくれる、車椅子ご利用の方は、移動や旅行を諦めがちだがこういう方こそ、楽しく楽に旅 が出来るんですよーという話が続きました。船はほとんど揺れません。なぜなら波と波の上を滑るように走るからです。スタビライザーも完備してます。船酔いはありませんとの説明がありました。ドレスコードは、夕食はスマートカジュアルでビジネススーツにネクタイをしていないくらいで結構です。時にはタキシードなどを着るフォーマルの日もあります。最後に、お部屋の紹介。客船ダイヤモンドプリンセスは基本的にアウトサイドのお部屋にはバルコニーがついています。とにかくお得にという方向けのインサイドのお部屋もあるそうです。

という説明が50分ほどありました。
また旅行会社の方にバトンタッチ。つまり、プリンセスクルーズ、ダイヤモンドプリンセスの設備の紹介のみであって、どんな寄港地でその訪れた先でどんな体験があるのかというような説明は一切ありませんでした。

配られた資料を各自でみて想像してもらうという説明会の作りです。全てが10日あまりの短いクルーズで、期間と行先を選べば必然的に参加するクルーズが決まってきます。ダイヤモンドプリンセスでのクルーズ旅行の場合は、国外の寄港地はアジアが多く、基本的には国内を巡る内容が多いのが特徴となります。

これからの船旅企画の紹介をはじめ、発表したばかりのクルーズについても時期や魅力を説明をされてました。船旅には割引の種類がいくつかあり、複数の企画実施する会社が費用や料金を独自に提案をしているんだとか。ダイヤモンドプリンセスの乗船者の中にも、同じクルーズ旅行にもかかわたず費用、金額が違うことは多々あるそうです。
このあとにガンガン営業があったのが、まだ空席のあるクルーズでした。費用が安くなる直前割をぜひご利用ください。と、諸々宣伝がありました(笑)。会員登録を促してきてくれます。見学会終了までに会員登録に関して、繰り返し聞くことになりました。

時間となり説明会は終了。

 

ダイヤモンドプリンセス行ってわかったコト④
-ダイヤモンドプリンセス船内設備-

この日は、神戸発着の北海道周遊クルーズが出発する日。神戸ターミナルには、これから参加する人たちで賑わっていました。この方たちがチェックインして旅立つ前に、私たち用にダイヤモンドプリンセスの船内見学会が催されている訳なんですね。

というわけで、今日から出航するクルーズのため船室については全く見学することができませんでした。ですので、パブリックスペースの紹介です。私たち以外にもグループ毎に見学を行っているところが幾つかありました。

パスポートと健康質問書を引き変えに船内見学用のIDカードを受け取ります。首から掛けてセキュリティチェックを通過してダイヤモンドプリセ ンスへ。

スポンサードリンク


ダイヤモンドプリンセス<プロフィール>

■乗客定員:2,706人
■船籍:英国
■就航:2004年(2014年3月改装)
■総トン数:115,875トン
■全長:290m
■全幅:37.5m
■航海速力:22ノット(41km/h)
2004年に日本で建造されデビューした客船。長崎造船所の技術により設計された船です。日本向けにカスタマイズした多彩な施設でクルーズ旅行を 行います。

写真に納められない程、大きい。(※大きい船の場合は運河が通れないため世界一周クルーズができません。)

4階から18階が一般客利用可能なフロアです。

では、今日見ることができたスペースと設備をご紹介。

 

ダイヤモンドプリンセス号4階 ガラ・デッキ

【医務室】


クルーズ中対応(インターフォンつき)

 

ダイヤモンドプリンセス号5階 プラザ・デッキ

【エントランス】


5階~7階にかけて吹き抜けになっていています。

この時間は、ウェルカム演奏の練習中でした。

7階からエントランスを見るとこんな感じ

【キャプテンズ・サークルデスク】


リピーター専用のデスク。
プリンセス・クルーズには、リピーターが多く、メンバーシップ・プログラムが手厚いです。乗船すると同時に「キャプテンズ・サークル」のメンバーとして登録され、ステージとして4種類にも分けられます。ステージごとにそれぞれに特典を 受けられます。お金をたくさん使う人には特別なサービスが受けられるという制度になりますクレジットカードで利用額が多いほどサービスのバージョンがアップしていく、それによく似たようなシステムだそうです。

【図書室】

【インターネットカフェ】

【アートギャラリー】


時にはオークションも開催されるそうです。

 

ダイヤモンドプリンセス6階 フィエスタ・デッキ

【劇場】


700人収容できる本格的な劇場です。
一流のエンターテイナーによるダンスショーや、コンサート、マジックショーなどが開催されます。ダイナミックな演出もあるそうで、このステージに 車が乗り入れたこともあるそうです。柱がなくどこからでも見やすい設計で、ショーは客席が近いので大迫力。



【シガーラウンジ】


船内では限られた場所で喫煙所を設けています。

【カジノ】


一流のディーラーがエスコートするテーブルゲームスロットマシン、バーもあります。

費用はかかりますが、カジノ体験ができます。

【ゲストサービス・デスク】


ホテルのフロントと同じ役割です。

ダイヤモンド・プリンセスを命名された佃 芳子(三菱重工業社長佃和夫夫人)さんの写真が飾っていました。ダイヤモンドプリンセスは日本の三菱重工が建造していますが、船籍は「英国」になっています。

【ショップ】


6階と7階には様々なショップが並んでいる。

【ダイニング】


メイン・ダイニングが5ヵ所あり、写真はその1か所のレストラン「パシフィックムーン・ダイニング」フルコースディナーのほか、本格的な朝食や終日航海日の昼食、アフタヌーンティーも提供。

基本的には、クルーズ中決まったレストランで決まった席で食事をします。だからこそ、専属のウェイターがついて好みのチョイスやオーダーを聞いてくれます。ちなみに部屋に寄ってランクが変わります。グレードの高い部屋はサービスも食事も変わります。

ダイヤモンドプリンセス7階 プロムナード・デッキ

【ホイールハウス・バー】


シックな雰囲気。中に板張りのスペースがあり、ダンスレッスンなども行われます。

【エクスプローラーズ・ラウンジ】


船内では、2番目に大きいキャバレースタイルのステージ付きラウンジ。

【海(kai)寿司】


船内でも新鮮なお寿司が食べられると人気の有料レストランで食事ができます。

単品ごとに料金設定があり、2貫6ドル(約700円)という費用がかかります。高級クルーズなので食事は、これぐらいの料金設定です。

お隣にあるのがイタリアンレストラン【サバティーニ】でも食事ができます。


基本費用として、テーブルチャージ$25(約3000円)でコースの中から好きなものをオーダーして食事を楽しみます。

【フォトギャラリー】

こちらは、クルーズ中に専属のプロカメラマンが参加者を様々なところで撮影をし、その写真をフォト&ビデオギャラリーで毎日展示し写真を有料販売 してくれます。

スナップ写真はこのように飾られます。

そのほか、本格的なスタジオ撮影や例えば夫婦などのなれそめを聞いて、そのシチュエーションにあうように船内いたるところで撮影をしているそうで す。

スポンサードリンク


【クラブ・フュージョン(ステージ付きナイトクラブ)】


昼の時間にはダンスレッスンもしているそうです。

※8階エメラルド・デッキ~12階アロハ・デッキまではキャビン(船室)です。

ダイヤモンドプリンセス14階 リド・デッキ

室内のプール/ジャグジー


小さい子ども向けのサイズと雰囲気。室内なので天候に左右されずいつでも入られる。

【アイスクリーム・バー】


デッキにはアイスクリームバー・スワールズがあり、バニラ、チョコレート、抹茶のソフトクリームもいただけます。

【ホライゾンコート】


ブッフェレストラン。


左右対称にブッフェ台とテーブルが並んでいる。バイキング形式で食事を取れます。

昼食の目玉は麺コーナーだそうで、ラーメン(醤油・味噌)、稲庭うどん、そうめん、おそばなども提供されます。
今回は、既にお客様が乗船していて食事中だったのでブッフェ台のお料理の様子は撮影できませんでした。しかし、このデザートのディスプレイを見る だけで、種類の豊富さやおいしさが伝わってきます。

こちらの奥にあるのが、【スターリング・ステーキハウス】
夜のみオープンするステーキハウス。こちらは予約制のテーブルチャージ$25(約3000円)有料レストランです。

ダイヤモンドプリンセス15階 サン・デッキ

【フィットネス・センター】


マシーンやフリーウエイトの筋力トレーニング、ランニングマシーンやバイク、ボートの有酸素運動、スタジオでのプログラムなどがあり、一般的なス ポーツジムがそのまま船内にあります。

前方にあたるオーシャンビューのフィットネス。広々とした空間にマシーンが並びます。

この奥にも更に【エアロビクス・スタジオ】がある。
フィットネスレッスンでは腹筋、ストレッチクラスや腰痛改善セミナーなどが行なわれ自由に参加ができます。

フィットネスから外にでるとこんな景色が広がる。ここに食事を持ってきて食べることも出来るそうです。

そのまま中央へ移動すると大きなスクリーンが!

【ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ】


プールサイドに設置された巨大な液晶スクリーン。日本発着クルーズでは、人気の日本映画のプログラムもあります。外国映画は日本語の吹き替えで上 映されます。
夜の空と海、デッキチェアーやジャグジーでくつろぎながら鑑賞できます。

【展望浴場「泉の湯」】


屋内にはオーシャンビューの岩の湯や糸杉の湯、ドライサウナ、ミストサウナ、打たせ湯を完備。岩風呂の「岩の湯」と「糸杉の湯」が日により男女交 互に。休憩スペースもゆったり。


一度に入れる人数を15名までとしていて、1回90分1800円。※2014年に改造して設
備された大浴場です。

水着で入る屋外には男女共用のスパプール、足湯を完備。


船尾にあるので大海原を眺めながらの景色は格別でしょう。

***ダイヤモンドプリンセス17階/18階 スカイ・デッキ***

【スカイフォーカーズ・ナイトクラブ】

17階からエスカレーターで上がっていく。

DJブースもあり深夜まで営業している最上階にあるバーなので、明るい時間も眺める景色もよさそう。

【プロムナード・デッキ】

【クルー紹介】


キャプテンの他様々なマネージャー、オフィサー、デイレクター、ドクターなど顔写真付きで紹介されています。

【記念品】


初入港した際に飾っています。

左側の青い記念品は横浜港のものです。神戸港のものもありました。

【バー】


船内いたるところにバーが点在しています。
写真に納めきれず。。。

 

ダイヤモンドプリンセスクルーズまとめ

正味90分足らずの見学でしたが、パブリックスペースの充実さ船内サービスの満足度の高さが垣間見れました。とってもサービスが良いです。短い航路は安くてオススメです。ただ少し長い航路だと、いろいろと別途費用が かさむようです。その場合は、一番安い部屋で行ったとしても、ツアー代やサース料がかさむので1日1万円以上~で計算しておくように見積を立てておきましょう。そして、ダイヤモンドプリンセスに参加される方々の年齢層ですが、60代-70代が圧倒的に大多数です。時期にもよるそうですが、全体的に10-30代で参加する人は少なめだそうです。休み期間は家族づれもいます。おじいちゃん、おばあちゃんとお孫さんという組み合わせも結構あるようです。船内もほかの乗客とは接点をもたなくてもよいので人間関係は楽だと思います。プリンセスクルーズに過去参加したした人に聞くと、日本船と違ってスペースが狭いので、イベントの時はいつもごった返すほど人が集まってくるんだとか。裏を返せば、船内イベントが人気ということになります。また、気を遣わなくてよいのも特徴とのことです。二人以上で参加するのが楽しみ方のコツだともおっしゃっていました。一人参加は部屋代の200%がかかります。
今度はももう少し歳をとってから動いているダイヤモンドプリンセスに参加してみたいですね。