私が伝えたいトラブルを起こさないピースボートの部屋選び「4つのこと」

スリランカの子ども

ピースボートで地球一周するのに100日間ほどがかかります。相部屋タイプに入る人はトラブルに巻き込まれるのでは?と心配になりませんか?約3ヶ月間過ごす部屋でトラブルにならないための部屋選び4つの真実です。
追記:神戸港/横浜港のオーシャンドリーム号船内見学会に行ってきました。船内見学会でしか見たことがない資料をたくさん貰ってきましたので、加筆しています。

 

トラブル予防①外国船クルーズで世界一周旅行をしている理解

ピースボートが使用しているオーシャンドリーム号はデンマークで建造された外国船です。部屋は基本シャワールームです。部屋に浴槽はありません。日本のビジネスホテルと同レベルです。外国船なので安く世界一周できています。

オーシャンドリーム号
スポンサードリンク



 

トラブル予防②部屋の種類を理解する

人によって選択する部屋が違います。私が選んだのはフレンドリーエコノミーでした。フレンドリータイプは四人の相部屋です。シングルタイプは一人部屋になります。セミシングルタイプは他人と二人一緒の部屋になります。ペアタイプは二人で船に乗る人用です。全プランのメリットとデメリットはこんな感じになります。

費用


一人で世界一周クルーズを考えている人はこの部屋から選びます


フレンドリーバジェット/ヤング(四人相部屋)

【定員】4名
【ベット】二段
【場所】-※どこになるか不明
【窓】なし
【面積】約12平米(7.4畳or3.6坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー
[ メリット]金額がもっとも安い
[ デメリット]どこの部屋になるかわからないのでエンジンの上になる可能性があるといわれている。電気を消すと真っ暗になる。
 

フレンドリーエコノミー(四人相部屋)

フレンドリーエコノミー


【定員】4名
【ベット】二段
【場所】5-7階フロア
【窓】なし
【面積】約12平米(7.4畳or3.6坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー
一番安い部屋


[ メリット]金額が安く4階〜7階になる。
[ デメリット]窓がないので圧迫感がある。4人相部屋なので気を使うことになる。荷物は必要なものだけ。

 

フレンドリースタンダードⅠ/Ⅱ(四人部屋)

フレンドリースタンダード

 

【定員】4名
【ベット】二段
【場所】スタンダードⅠ4-5階フロア、スタンダードⅡ6-7階フロア
【窓】あり
【面積】約14平米(8.6畳or4.2坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー

frendryroom

[ メリット]窓がついている部屋の中で一番安い。エコノミーよりは部屋が少し広いです。窓のおかげで開放感がある。
[ デメリット]荷物はたくさんもっていけない。



シングルエコノミー(個室一人部屋)

シングルエコノミー

 

【定員】1名
【ベット】ダブルベット
【場所】5-7階フロア
【窓】なし
【面積】約12平米(7.4畳or3.6坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー

singleroom

[ メリット]一人部屋で一番金額が安い。一人で自由気ままに使えるのでストレスがない。個室なのに他の船と比べると安い。
[ デメリット]相部屋と違って情報が得られにくい。一人300万円ほどする。
 

シングルスタンダードⅠ/Ⅱ(個室一人部屋)

シングルスタンダード

sngleroommado

【定員】1名
【ベット】ダブルベット
【場所】スタンダードⅠ4-5階フロア、スタンダードⅡ6-7階フロア
【窓】あり
【面積】約14平米(8.6畳or4.2坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー


[ メリット]窓付きでゆったりと過ごせる。太陽の光が入るので時差ボケしにくいといわれている。印象として個室の窓付きを取っている方はおおらかな方が多い。
[ デメリット]部屋でゆっくりしない人には費用対効果が低い。ピースボートの金額では高め。若者は選択肢から外れる。安く世界一周したい人には向いていない。

 

セミシングルエコノミー(二人相部屋)

セミシングルエコノミー

 

【定員】2名
【ベット】ツインベット
【場所】5-7階フロア
【窓】なし
【面積】約12平米(7.4畳or3.6坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー

semisingleroom


[ メリット]四人部屋は気を使うし一人部屋は高い。という人に向いている。
[ デメリット]窓がないので、いつ朝かがわからない。

 

セミシングルスタンダードⅠ/Ⅱ(二人相部屋)

セミシングルスタンダード

 

【定員】2名
【ベット】ツインベット
【場所】スタンダードⅠ4-5階フロア、スタンダードⅡ6-7階フロア
【窓】あり
【面積】約14平米(8.6畳or4.2坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー

semisingleroommado

[ メリット]セミシングルは全般的に部屋のトラブルを聞いたことはない。気を使える人が選ぶ部屋かもしれない。二人の窓付きでこの金額なら悪くない。個人的にオススメ。
[ デメリット]四人部屋ほどではないが、少し気を使う必要がある。

 

二人で世界一周クルーズを考えているはこちらの部屋から選びます


ペアエコノミー(二人部屋)
ペアエコノミー
【定員】2名
【ベット】ツインベット
【場所】5-7階フロア
【窓】なし
【面積】約12平米(7.4畳or3.6坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー
pearoomeko

[ メリット]夫婦や友だち同士でもっとも安い
[ デメリット]電気を消すと真っ暗

  

ペアスタンダードⅠ/Ⅱ(二人部屋)
ペアスタンダード
【定員】2名
【ベット】ツインベット
【場所】スタンダードⅠ4-5階フロア、スタンダードⅡ6-7階フロア
【窓】あり
【面積】約14平米(8.6畳or4.2坪)
【設備】シャワー、トイレ、テレビ、ヘアドライヤー
pearoomsuta

[ メリット]二人でピースボートで世界一周するなら、スタンダードがオススメ。窓なしのエコノミーより20万円高いが、費用対効果は高い。
[ デメリット]標準的な二人部屋なので良くも悪くもデメリットはない。

  

ペアバルコニー(二人部屋)※スイートルーム

ペアバルコニー

【定員】2名
【ベット】ツインベット(シモンズ製ベット)
【場所】10階フロア
【窓】あり
【面積】約26平米(16畳or7.9坪)
【設備】バスタブ、ウォシュレットトイレ、ウォークインクローゼット、電気ポット、冷蔵庫、テレビ、ヘアドライヤー

ペアバルコニー[ メリット]ハイグレードの部屋。お風呂もついているしお客さんを呼ぶこともできる空間がある。バルコニーから運河などのハイライトをを見ることができる。プライベートデッキもある。ピースボートのスイートルームです。
[ デメリット]10階なので位置的に遠い。一般ピープルには手が届かない。

  



ピースボートの部屋はほぼ同じ

部屋のタイプはたくさんあるように見えますが、スイートルームは別として基本的には窓がついていないエコノミータイプと窓が付いている少し広いスタンダードタイプに大別できます。部屋の大きさも窓の大きさもタイプが同じであれば基本は同じです。つまりはエコノミーの部屋をベット四つにして四人部屋とするか、ベットを二つたたみ、ツインベットにして二人部屋のペアとするのか。二つのベットを合体させてダブルベットのシングルタイプへと変えて一人部屋希望のニーズに合わせて作り変えているようです。

三人以上で参加している人もいます。例えばお婆さんと孫二人とか、数人の家族で乗っている人たちなど。人数が多い場合の部屋もあるようです。内装などは不明です。一定年齢の子どもは金額が安くなるみたいです。

 

トラブル予防③オーシャンドリーム号-部屋の設備を把握する-

ニューヨーク


バスタオル(人数分ある)
フェイスタオル(人数分ある)
ゴミ箱(1つ)
ドライヤー(1個_少し古い)
ベットランプ
テーブル(1つ)
椅子(1つ)
鏡(シャワールームにある)
シャワールーム(相部屋の場合は順番)
トイレ(誰かが入っていると使えない)
シャンプー
ボディーソープ
ロッカー(一人一つある)
ハンガー(備え付けのハンガーは少ない)
金庫(人数分ある)
救命胴衣(人数分ある)
毎日の取り組み
ベットメイキング
タオル交換
掃除

 

 

トラブル予防④自分自身を分析する


「誰とでも合わせられる」と思って四人部屋を選択する人ほど、同室者に迷惑をかけてしまう可能性もあります。自分の性格を理解しているであろう近しい人に正直に自分がどんな人なのかを聞いて理解しておきましょう。悪気がなくいびきをかいている可能性もあります。いびきが大きい場合は、周りの人のことも考えて四人部屋は避けるべきでしょう。いつも一人部屋だから一人部屋でいいかな〜と思っているひとも意外に、充実した四人部屋になる可能性もあります。地球一周した後も部屋メンバーで旅行に行っているひとたちいます。一人暮らしが長く刺激をもとめるひとには四人部屋はオススメかもしれません。追加料金が必要となりますが、途中で部屋を一人部屋に変えることもできます。部屋選びが不安なひとは四人部屋と一人部屋の間に位置する、セミシングルあたりにしておけば、不安を軽減できると思います。なにはともあれ、部屋でゆっくりしたいのかカルチャースクールにたくさん参加していきたいのかで、選択する部屋は変わります。

まとめ

創造性

若者は四人部屋がオススメです。シニアの四人部屋はトラブルになる可能性が高まります。大半は平穏無事に過ごせますが、気を遣うことを忘れないようにしてください。はまればベストフレンドになります。安心するためにもまずは、乗ったことある知人や家族に相談してみるのがベストです。近場に経験者がいなければ、説明会などに行ってスタッフに聞いてみてもいいでしょう。ただスタッフの場合は四人部屋をすすめてくれることが多いと思います。その理由はスタッフが実体験で話しているからだと思います。よかれと思ってオススメしてくれるのでしょうが、四人部屋は全員には当てはまりません。自分のニーズ(性格、不安点、予算など)を伝えて相談するのが、有効な回答をもらえる決め手となります。世界一周をするので、安い四人部屋を第一と考えるのは避けましょう。快適な世界一周となるにはどういう予算配分にするのがよいか考えることです。
一人だからシングルタイプがよいとか、安く行きたいから四人部屋がオススメというふうに決めるのではなく、自分の性格や生活を想像して選択しましょう。早期割引もあれば使ってGoodな部屋選びを願っています。

それでOK!
スポンサードリンク



スポンサードリンク