ボランティアスタッフの実態とピースボートをオススメする理由

 

世界一周に行きたい!!

 

でも、飛行機代も食事代などの費用も結構高い・・・

安く旅に行きたい!

ピースボートのボランティアスタッフ制度を活用するのがもっとも手っ取り早いです。

「ピースボートの船に乗ってからのボランティア活動なの?」かと思うかもしれませんが、

船に乗る前のお手伝いになります。

体験してみての感想としてはオススメです。

ピースボートのボラスタ
ピースボートで行く世界遺産

ボランティアスタッフの条件は?

特別な資格うあ条件はありませんでした。

誰でもOKです。

 

 

活動場所は?

全国にあるピースボートの支店(通称:ピーセン)が主となります。

東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、福岡県にあります

年齢層は?

一番目に多い世代 20代
二番目に多い世代 60代
三番目に多い世代 70代
四番目に多い世代 10代

 

年齢層は、あくまで目安となります

ピーセンの場所と状況によるのが実態です

ちなみに、16歳や87歳のかたも割引制度を活用されていましたので幅広い世代間です

ピースボートのボランティアスタッフの内容は?

 

スタッフ活動の内容によって割引額が違います

基本的に1時間お手伝いすると割引を自己申告していくという方式です。

ボラスタの種類と割引金額は?

( )は1時間の割引金額です
1 ポスター貼り(1000円)
2 内勤作業(800円)
3 プロジェクト活動(時給500円ぐらい)

ボランティアガイドブック
ボランティアスタッフガイドブック

ポスター貼り

ピースボートでもっとも盛んなのがポスター貼りです。

簡単にいうと、ピースボートのポスターを各地のお店の方々に交渉して、ポスターは貼っていただくというものです。

会社で例えるなら『営業職』になります。

元々は、1時間貼りに行くと1000円割引としていのですが、

「若者が参加しやすい船にする!」ということで、現在は3軒貼らせてもらえたら1000円割引となっています。

※3枚貼れたら1000円割引という口コミもありますが、
3軒貼れたら1000円割引が正しいです。
ピースボートで貰うルールブックに記載あり(2016年現在)

個人的なピースボートポスター貼りの感想

同じボランティアスタッフの先輩からポスターの貼り方を教えて貰えます。

一緒に貼りに行くと、顔見知りになります。

知っている人ができるので、ピースボートに通いやすくなります(笑)

今回、5時間ほど貼った結果は 【35軒40枚】
割引額として12000円以上になりました。

5軒に1軒ほどのペースで掲示していただけます。

ほんとに感謝です。

感謝のあまりポスター貼っているお店でご飯をいただきました(笑)

過去のポスターの貼り替えもOKです。

割引額の計算は3軒で1000円割引
二枚以上貼った場合は10分間の割引になります。
※少しわかりにくいと思いますので、ピーセンで聞いてみてください。

お店の方に交渉する必要がありますので、割引率が高いのが特徴です。

ポスター貼りはコツは場数(ばかず)を踏むことです。貼らせてもらえる数が少しずつ安定してきます。

貼る場所(エリア)は、お近くのピースボートセンターのスタッフさんと相談になります。

 

内勤作業

内勤は、各地のピースボートセンターによって雰囲気がかなり違うようです。

作業重視のセンターと楽しくわいわいやっているセンターと(笑)

会社で例えるなら『事務職』になります。

内勤作業の多くはシンプル作業
・ポスター貼りで使う「ポスター」にテープシールを貼る
・テープシールのカット作業
・ピースボート資料を送る発送作業
・パソコンにデーターベースを入力していく作業
・ピースボートセンター内のお掃除
・ピーセン会計などを扱う総務作業
など

個人的な内勤作業の感想

会話を楽しみながらわいわい活動ができるのがメリットです。

見えるところにスタッフがいるので、ピースボートの質問なども確認できます。

すぐに解決できるのがいいところです。

費用のことなども相談に乗ってくれます。

ボランティアスタッフの割引を使ったプランニング案も練ってくれます。

年配の人やポスター貼りを休みたい人たち、仕事をしていて時間が空いたらからという人も内勤作業をしています。

 

 

プロジェクト活動

NGOピースボートならではの、国際協力活動に関わるのがプロジェクト活動です。

 

 

UPA国際協力活動

船で世界を回るので、たくさんの物資を積み込むことができます。

その物資を集めて届けるのが、UPA国際協力活動といいます。

届け先の支援物資集めから始まります。支援物資を提供していただけるお店や団体に事情を説明。

物資を提供してもいいよなったら、物資を箱詰めして届ける国別に仕分けします。

仕分けするときに少しでもきれいな状態で渡したいので、綺麗に拭きます。

そして、届ける船が出発する間際に港まで持って行って船に乗せ込みます。

船が現地に届いて、支援先に渡すという流れです。

 

地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)

地雷撤去支援の募金活動をしています。

支援先はカンボジアが中心です。

駅前などで街頭募金を呼びかけて、募金を集めます。

 

 

個人的なピースボートプロジェクト作業の感想

UPA国際協力活動のボランティアスタッフを行いました。

楽器を綺麗にしたり箱詰めしたりしました。

他には、文房具屋さんからいただいたノートや鉛筆などを仕分けして整理しました。

国際協力活動に興味のある人たちばかりかと思いましたがそうでもなかったです。

仕分け作業中に話しをしましたが、「はじめて国際支援活動に関わって途上国にも興味を持った」という人もいました。

プロジェクト活動は、「途上国」の方のことを想像するので、やりがいがありました。

どうやったらピースボートのボランティアスタッフになれるのか

まずは、ネットで説明会の日程を確認しましょう。

資料請求してからでもOKです。

資料請求したら電話がかかってきますので、そこで質問してしまうのも簡単でいいかもしれません。

参加するなら、ボランティア説明会がオススメです。

旅行説明会は年配の人向けでしたので(泣)。

近くでボランティアスタッフ説明会がなければ、

事前にピースボートに電話連絡しておきましょう。

ボランティアスタッフの紹介もしてくれます。

近場の説明会を聞いて、スタッフさんに疑問/質問を投げかけた後にボランティアをすることができます

支援物資
国際協力活動

 

結局どれぐらいボランティアスタッフ割引が貯まるのか

だいたい平均すると30万円ほどです

30万円の人が多いというよりも、

『半額以上貯める人』と『少しボランティアスタッフに携わって乗船する人』がいるからです。

つまり30万円とは、標準偏差ではなく平均値となります。

 

 

ボランティアスタッフの活動期間は

3~6ヶ月ぐらいが活動期間の分布だと思います。

1年以上前からやっている人もいましたが、2年の人はいませんでした。

逆に長いとモチベーションが持たなかったり、仕事をやめられなくなったりと周りの状況が刻一刻と変わって、状況的に諦めてしまう人が多くなるとのことです。

人にもよりますが、短期集中でピースボートのボランティアスタッフをしている人も多かったです。

友人にも数人ピースボートの過去参加者がいますが、
「3ヶ月」、「5ヶ月」で世界一周の旅に出たといっていました。

スケジュール
期間

 

29歳以下の若者は?

若者が地球一周しやすいのが、『ピースボートの世界一周』です。

29歳以下はボランティアスタッフ割引を全額貯めることができます。

※30歳以上は割引は全額貯められません。

つまり、実質0円(タダ、無料)で世界24カ国を巡ります。

29歳以下には、完全にお得な制度なのです。

 

 

ピースボートには全額割引した人も結構多い

 

実質0円(タダ、無料)で地球一周(24カ国)した人も多くいます。

ポスター貼りをメインにして2~3ヶ月で全額割引を貯めることも可能です。

ピースボートセンターで全額貯めるプランの相談もできます。

ボランティアスタッフの活動期間で話している通り、短期集中で貯めるのがモチベーション的によいでしょう。

短期間集中して、「負けない!絶対世界一周してやる」とう気持ちを持ってやるのが全額貯めるコツです。