ピースボート本当の評判と口コミ!?

噂と評判

ピースボートの旅は楽しいの?安心安全のクルーズなの?ピースボートに親族を安心して乗せられるの?の疑問に、実際にピースボートに乗った私が自分の経験と体験と取材をふまえて答えます。

ピースボートの食事はおいしいのか?

ご飯

おいしくないというウワサをよく耳にします。10数年前にピースボートに乗って今回リピーターとして乗船した人、今回初めて乗船した若者に話しを聞いて情報を収集してみました。
年配女性:『前の船は味付けが濃いめで若者向けに作られていた感じがした。けれども食事がまずいと思ったことはない。だが、豪華客船をイメージして乗船した人は「毎日洋風のオードブルがあると思ってたのに」と文句を言っていた。』
年配男性:「昔は洋食が多かったという印象がある。やっぱり毎日洋食だと味に飽きがきてました。ふりかけとご飯と味噌汁でさらっと食べたいときもあったよ。いまの船は食事のレパートリーが増えて和食も選べるからまったく食事に不満はなくなったよ。」

はじめて乗船した若者「いやー思っていたよりも豪華でした!ネットで酷評されていたのでお腹がいっぱいになればいいやぐらいに思っていたんですが、味も量も合格点でした!」

ピースボートが昔使っていた船では、料理の味に不満がある人が多かったようですが、船を替えてからは食事のグレードが上がっているように見受けられました。

船内のレストランは【メイン】と【サブ】の二カ所です。
どちらで食事をするかは選べます。

メニューは下記の様な物が多かったです。

■朝食(バイキング)【メイン】
煮物、お味噌汁、納豆、うめぼし、漬け物、のり、ふりかけ、切り干し大根、魚料理、卵料理など

■朝食(バイキング)【サブ】
パン、ベーコン、フレーク、サラダバー、ヨーグルト、牛乳、コーヒー、ジュース、フルーツなど

■昼食(バイキング)【メイン】
グラタン、からあげ、チキンピカタ、サモサ、チャーハン、炊き込みご飯、肉じゃが、煮物、ローストベジタブル、お肉料理など

■昼食(バイキング)【サブ】
ラーメン・うどん・そばなどの麺類、ピザ、バーガー類、フライ、パスタ、ポテト、コーヒー、サラダバーなど

■夕食(ワンプレートのコース)【メインレストラン】
前菜、スープ、メイン、デザートが出ます。コース内容は日替わりとなる。

食事

和食例:ちらし寿司、お野菜の煮物と巾着餅、お吸い物、茶碗蒸し、漬け物、デザート
洋食例:洋風サラダ、スープ、ハンバーグやフライが盛りつけされたプレート、デザート

■夕食(バイキング)【サブ】
丼物(牛丼、親子丼、ジンギスカン丼、豚丼、カツ丼、麻婆丼など

二カ所のどちらかで食事がとれます。乗船者の中には【メイン】と【サブ】の二カ所をはしごしている人もいました。

◆早朝のモーニングコーヒー
朝食の前にモーニングコーヒーを飲むことができます。(サブレストランのみ)

◆アフタヌーンティー
わかりやすく伝えるとおやつの時間です。15時頃にサブレストランで提供されます。内容はケーキ、シュークリーム、クッキーなどと、コーヒー、そして数種類の紅茶です。

食事は一日3回に加えて朝日を見ながらのモーニングコーヒーとアフタヌーンティーがあります。
現在の船になってからは食事のバリエーションも増えてより食事を楽しめるようになっているそうです。
よっぽどグルメでないかぎりは、満足でしょう。食べ過ぎで体重が増える人も増加しているとか!?

スポンサードリンク



 

 

ピースボートの船は暇なのか?忙しいのか?どんなことが行われているのか?

評判

港に着くまでの間は船内で過ごすことになります。「ひまだな~」と思う人は少し古い考えの人です。いまのクルーズ船は乗船者が楽しめる仕様になっています。一般的な船は移動時間中にショーなどを観て楽しむのがメインですが、ピースボートの場合は少し違っています。

ピースボートは自主企画というイベントがあります。
参加者の中には、どこかで何かを教えていた人もいますし、多彩な趣味/特技を持つ人もいます。そんな人たちが先生となって企画を行うのです。
フォークダンス、ハンドベル、カメラ教室、南京玉すだれ、折り紙教室、ゴスペル、ハーモニカ教室、お茶会、合唱、歌声喫茶、俳句の会、就職支援、手品教室、サッカー、バスケ、ストリートダンスなどいろんな企画が目白押しです。UFOを呼ぼう!というパロディ企画もありました(笑)どんな企画があるかは乗ってみないとわかりません。
また、企画には出ずに、デッキに出て日光浴をしている人や、囲碁、将棋、麻雀をしている人もいます。

ピースボート主催の企画はゲストを呼んでの講演やショーなどがあります。ピースボートではゲストのことを水先案内人(水案=みずあん)と呼んでいます。水案には各界の著名人たちが名前を連ねます。フリーランスで有名な安藤美冬さんや、ジャーナリストの池上彰さん、EXILE(エグザイル)のUSAさん、女優の東ちづるさん、料理研究家の枝元なほみさん、音楽評論家の湯川れい子さん、「がんばらない」の著書でも有名な諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さん、国際政治学者の高橋和夫さんなどの人が乗船しています。

ピースボートは宗教活動や特定の政治活動に協力しているとよくいわれますが、船内で宗教活動をすすめられることはなかったし、また特定の政党を応援することもありませんでした。国際平和や政治について学ぶ機会はありましたが、大学で学んだことをより深く知ることができました。ピースボートの設立者で政治家になった辻元清美さんの印象が政治活動と結びつけているように思います。

結論:「毎日が忙しくもなるし、のんびりすることもできる。個人個人の意見が尊重される空間なので自分の好きなように過ごせるのでゆっくりもできますよ」というのが正しいでしょう。
900人もいれば、生きてきた年数も見てきたものも、育った環境も違います。そんなバックグラウンドが異なる人たちが集まるので、船内はまぜこぜで大忙しとなります。世界一周している間に特技や趣味が増える可能性は高いと思います。

ピースボートに不満をいう人と楽しかったという人とそれぞれ意見がある。果たしてどちらの意見が多いのか?

乗船者

 

私自身、ピースボートで世界一周をしようと思ったときに、宗教、政治活動があるのか?お金はいくらぐらいかかるのか?どんな人が乗っているのか?などすごく不安がありました。ネットで調べていけばいくほど不安が募りました。でもやっぱり世界一周していろんな国に行きたいという考えがあったので、もっとピースボートについて調べました。
わかったことは、ピースボートの悪評を言っているサイトは、ピースボートには乗ったことがない人が多かったのです。ネガティブを発信しているサイトはピースボートの国際交流などが嫌いな人たちでした。よくある発言は差別的なコメントが多くありました。左翼という評判もありましたが、ピースボートに乗船している人は気にしていませんでしたし、ピースボートスタッフも「右翼でも左翼でもどちらでもない」と言っていました。右翼、左翼などの考え方は、現代ではもう古いのかもしれません。

ほかに、乗船した人たちのサイトもいくつか見ました。「世界一周感動した!」「自分は楽しめました!!」「リピーターになる意味がわかる」などのコメントがありました。乗船者のサイトの中には「もっとサービスしろ!」と不満を漏らすものもありましたが、ピースボートに乗船した人たちは総じて満足度は高い様です。

私自身がピースボートの船に乗ることを最終決定した理由はこれだ

私自身が船に乗ることを最終決定した理由は【SNS】です。インスタグラムやフェイスブックなどで『ピースボート』と検索すると、現在航海中の人や過去に乗船した人の生の体験写真や真実のコメントがでてきます。【SNS】のオススメのところはやはり、本人が実名でコメントをしているので、顔の見えない匿名のコメントよりは信用できたからです。

結論:900人もいるので不満をいう人もいるが、多数はピースボートの旅を楽しんでいる。年々200人~350人がリピーターとして世界一周をしている。リピーターの人数が多いのが、ピースボートの船旅を楽しんでいる何よりの証拠でしょう。

スポンサードリンク


ピースボートの恋愛事情の正体とは

恋愛

世界一周を通して好きな人ができる可能性は高いです。
夕日、星空、水平線やオシャレな寄港地などのシチュエーションもありますが、それよりも一人一人が持つ魅力に気づくチャンスがたくさんあるからでしょう。

寄港地を回ったり一緒に企画を作っていくことで、スムーズにいかずに大変なこともあるかもしれません。けれども一緒に作り上げることで人間力が増していくように感じました。そして100日間も同じ空間で過ごしていくとだんだんと家族のようになっていきます。自分らしく自然体になっていき、肩書きとかではない魅力が見えてきました。
船で出会って結婚した人もいます。世界一周を通じてお互いのいいところも悪いところも知る空間がピースボートにはありました。

上下関係や肩書きでない、人との関わりを楽しむのがピースボートを楽しむコツです。
わたしも好きな人はできましたが、何も言わずに降りました(笑)好きな人はできてもカップルになる人は数人でした。ほぼ全員がカップルになるのかと思ったのですが、、、(泣)
また、若者全員で乱交があるという噂がありますが、まったくそんな雰囲気もなかったです。周りがそんなだったら100日間も過ごせんよね。もし噂通りだったらニュースになりますし、そもそも30年以上も船をだせないでしょうから(笑)

ピースボートに乗る人はどんな人なのか?スタッフはどんな人なのか?

ピースボート

ピースボートに乗る人は「世界一周がしたい!」と思っている人です。
乗船者の圧倒的多数はひとり参加です。公式では900人中600人が一人参加といわれています。私が船に乗ったときにも一人参加がかなり多かったです。
食事のテーブルが一緒だった年配の人に話を聞きました。その方は、元々は一人での世界一周は考えていなかったといいました。一人での参加は不安だったので、周りの友人に声をかけてみたそうです。そうしたら友人の一人が興味をもって、二人で世界一周に申し込むことになりました。しかし、友人のモチベーションが下がって結局は一人で参加することになって現在世界一周していると話してくれました。この年配の方だけでなく、最初は二人で申し込みする人もいますが、結果一人参加になるケースが多いようです。

一人参加に不安を抱く人は多いですが、そういった不安を取り除くイベントを出発前に行っています。
そのイベントでは、船内生活の案内を具体的に聞くこともできますし、何より一緒に世界一周をしようとしている人たちと事前に顔合わせができることです。
わたしもどんな人が乗ろうとしているのか知ることで不安も軽減されていきました。イベントにはリピーターの人も来ていることがあるので、話を直接聞けるチャンスがあります。イベントはできるだけ参加しましょう!

 

ピースボートのまとめ

まとめ

経験者の本当の評判や評価を聞いてから、ピースボートの世界一周に行くのがベストです。ピースボートの研究をするときは匿名性のある言葉は真に受けない方がいいでしょう。必ずやったほうが良いのは、顔がわかる人の言葉を聞くことです。そのためには身近にピースボートに乗船した人がいないか探してみてください。例えば、その人が友人の友人であった場合でも直接会って話しをしてみることをオススメします。
もしいなければ、SNS(インスタグラム、フェイスブックなど)でピースボートの状況を把握することがいいでしょう。客観的に見てどんな写真が掲載されていて、どんなコメントをしているのかを見るだけでも参考になります。

スポンサードリンク



スポンサードリンク